スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<パロマ中毒死事故>元社長ら控訴せず 有罪確定へ(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われ、11日に東京地裁で有罪判決を受けた元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)は控訴期限の25日、弁護人を通じ控訴しない意向を明らかにした。それぞれ執行猶予3年が付いた禁固1年6月と1年の判決が確定する。両被告は「裁判所の判断は心外に思っているが、個人的事情により控訴しないことにした」とコメントした。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
<関連記事>パロマ湯沸かし器の事故で15人が中毒死(06年7月15日)
<関連写真>パロマ中毒事故:元社長らに有罪判決 東京地裁
<関連記事>パロマ湯沸かし器事故:元社長有罪 死は無駄じゃなかった 経緯も
<関連記事>パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
<関連記事>パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起−−消費者庁

パチンコ店刺殺、無言で首を一突き 過去にバスジャックも(産経新聞)
江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)
【from Editor】不可能を可能にする力(産経新聞)

橋本元首相が草葉の陰で泣いている 鳩山首相の普天間対応(産経新聞)

 【政界走り書き】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の解決に向けて、鳩山由紀夫首相は、どうにかして歯車を回そうと悲壮感を漂わせている。だが、大変お気の毒なのだが、「最後の悪あがき」のようでいたずらに問題を複雑にしているようにみえる。

 前回のコラムで、「5月末決着」を断念したら、普天間問題では3回目のうそになると書いた。国民から愛想を尽かされますよと。ところが、「5月末決着」をあっさりと断念しただけでなく、引責辞任はせず首相ポストに座り続けるという。

 鳩山首相は4日、就任後初めて沖縄に入り、仲井真弘多知事や稲嶺進名護市長、地元住民らと会い県内移設に理解を求めた。当然ながら反対意見を突きつけられ、表情もこわばっていた。何よりも驚かされたのは、普天間飛行場に隣接する小学校で行われた対話集会で、鳩山首相が聞くに堪えない怒号を浴びせられたシーンだ。歴代首相の中でこれほどまでに権威が失墜した政治家をみたことがない。

 平成8年4月、橋本龍太郎元首相は首相官邸の記者会見場で、当時のモンデール駐日米大使と共同会見に臨み、普天間飛行場を5〜7年で「全面返還」することで日米両政府が合意したと発表した。

 ところが、代替施設の移設先で迷走し、同9月には沖縄米軍基地の整理・縮小の賛否などを問う県民投票が行われ、賛成派が約6割を占めた。そんな膠着(こうちやく)状態の折、橋本氏は同12月、基地所在市町村会(那覇、名護、宜野湾3市など)の会合に出席するため沖縄に出向いた。

 そこには、鳩山首相と地元首長らとの間にみられたギスギスした雰囲気はなかった。当時、橋本氏の秘書官だった江田憲司・みんなの党幹事長のホームページに会合の様子が掲載されている(21年12月7日)。

 「(橋本氏は)沖縄の心を十二分に理解してくれている」「沖縄の痛みが分かる首相に初めて会った」「国政への信頼が倍加した」…。参加した首長からは、沖縄問題に対する橋本氏の取り組みを評価する声が相次いだという。

 橋本氏には、原体験に基づく「沖縄への思い」があった。再婚した父親に反抗していた橋本氏を陰に陽に励ましてくれた叔父が、南西諸島で戦死していた。そうした心の機微が沖縄の首長らにも伝わったのだろう。

 鳩山首相を迎えた沖縄の「拒否の姿勢」は、先の衆院選で支持獲得を目当てに、耳ざわりのよい「県外・国外」を持ち出すなど、最大の要因は鳩山首相の“軽口”にある。それなのに、沖縄滞在中、自らの発言について「党の考え方ではない」と言ってのけた。初めての訪問で、しかもたった一日いただけで、沖縄の心情を逆なでするとは何をか言わんやである。

 橋本氏のように沖縄と信頼関係を構築するのは到底無理であり、ありきたりのせりふで配慮をみせたところで、もう心に届かないだろう。鳩山首相の言動をみていると、政治家には「首相の器」という腹がある人と、そうでない人がいるのだとつくづく感じる。

 かつて普天間飛行場の移設問題にかかわった守屋武昌元防衛次官は、雑誌「中央公論」(22年1月号)で、政府と沖縄との交渉がいかに難しいか、言及している。

 「民主党の方はこれまでの経緯を知らない(略)。国と交渉する沖縄の一部の人が『手ごわい交渉相手』であることをわかっていない」

 普天間問題をめぐっては、沖縄の事情に精通している官邸スタッフがいなかったことも、影を投げかけた。付け焼き刃で扱えるテーマではないのだ。橋本政権下には、橋本氏に負けず劣らず、「沖縄への思い」を胸にたたえていた梶山静六元官房長官が側面支援に尽力していた。

 昭和61年に初当選した鳩山首相は、旧田中派に所属していた。「新人議員・鳩山」の教育係は、その梶山氏だった。当時の事情を知るベテラン秘書は、派閥総会終了後、「鳩山、こっちに来い」と梶山氏に呼ばれ、小走りで向かう鳩山首相の姿を覚えている。

 鳩山首相は今、言いしれぬ孤独と不安のふちに沈んでいることだろう。「5月末決着」が先延ばしされたことで、政府内では早くも、次のデッドラインについて「11月」説がささやかれている。普天間返還の端緒を開いた橋本−梶山コンビは、もうこの世にはいない。鳩山首相の振る舞いをみて、2人とも草葉の陰で泣いている。(松本浩史)

【関連記事】
細野氏「代表の言葉は党の公約、おわびしなければ」
亀井氏「急いで決着の必要ない」
福島氏、浅瀬案なら閣議了解に応じず「社民は明確に反対」
大島氏「言い訳行脚だ」 平野氏の徳之島面会で
首相、長いわりにはさっぱり分かりません。
少子化を止めろ!

<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
<傷害容疑>1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪(毎日新聞)
京都の夫婦刺殺事件、娘婿を殺人容疑で逮捕(読売新聞)
公務員採用削減 閣議決定また見送り(産経新聞)
民家火災、独居72歳?死亡 神戸・垂水(産経新聞)

<普天間移設>防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、北沢俊美防衛相は11日、沖縄県の仲井真弘多知事と東京都内のホテルで会談した。北沢氏は10日に鳩山由紀夫首相と関係4閣僚で決定した政府案の骨格を知事に説明し、理解を求めた。政府は「5月末の完全決着」は断念したものの、米側や地元自治体と交渉を継続することで乗り切ることを目指し、沖縄側の理解を最重要視。鳩山首相の沖縄再訪問に向け、環境整備を図った格好だ。

 政府案の骨格は、▽米軍キャンプ・シュワブ沿岸部か沖合(沖縄県名護市辺野古)にくい打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設▽鹿児島県・徳之島に海兵隊航空部隊の一部か訓練を移転▽久米島、鳥島の射爆撃場の返還、ホテル・ホテル訓練区域の一部返還▽米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の戦闘機訓練を県外の自衛隊基地に移転−−などが軸。

 会談終了後、仲井真知事は記者団に「報道されていることに近い(政府案などの)話が断片的にあった」と説明。「どう計画が進んでいるのか、いつまでたってもよく分からない」と指摘した。徳之島への移設が地元3町長が首相に対して交渉継続を拒否して実現のめどがたたない中、主な普天間移設先となる沖縄には早急に理解を得る必要がある。防衛省幹部も「今後の交渉は仲井真知事との連携が重要だ」と指摘していた。【仙石恭、青木純】

【関連ニュース】
普天間移設:「先送り」閣僚発言相次ぐ
普天間:政府案骨格決定 くい打ち方式、徳之島移転など
国会:与野党攻防の激しさ増す 「普天間」「カネ」めぐり
普天間:北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請
普天間移設:社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対

<レコード検定>復活狙い 国内唯一のメーカーが実施(毎日新聞)
平沼氏、鳩山首相に苦言「一国の総理として残念」(スポーツ報知)
逃走した男を逮捕=路上の夫婦刺殺、殺人容疑−京都府警(時事通信)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
JR日豊線に置き石、特急止まる=大分(時事通信)

障害者自立支援法訴訟が終結(産経新聞)

 福祉サービス利用料の原則1割を自己負担させる平成18年施行の障害者自立支援法が違憲だとして、身体・知的障害者が国や自治体を訴えた訴訟は21日、東京地裁(八木一洋裁判長)で和解が成立した。全国14地裁で計71人が起こした一連の訴訟が終結した。

 東京地裁であった口頭弁論では、原告側が「この訴訟の成果がほかの制度の改善につながり、障害のある人もない人も誰もが安心して暮らせる社会保障の実現につながることを願う」などと意見陳述。八木裁判長が「国が今後の障害者福祉施策について、障害者が社会の一員として安心して暮らすことのできるよう最善を尽くすことを約束した」などとする和解条項を読み上げた。

 同法は、障害者福祉サービスの利用料の原則1割を自己負担とする「応益負担」としたため、障害者らが全国で訴訟を起こした。今年1月、低所得者層の自己負担がない新しい制度を25年8月までに制定することなどで国と合意、順次和解が成立していた。

 午後からは、原告と国の合意事項の履行状況を検証するための第1回定期協議が開かれる。

【関連記事】
障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁
岡山地裁でも和解 障害者自立支援法訴訟
障害者自立支援法訴訟10例目の和解 福岡
近未来通信元専務、詐欺認める 東京地裁
異動したてで!? 検察官が調書の読み上げ 東京地裁の裁判員裁判
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

事情聴取は必至…“強硬論”も飛び交う元朝青龍の暴行問題(産経新聞)
盗撮の元富山県警警部補に罰金50万円(読売新聞)
「画期的裁決だ」中皮腫で死亡の教諭遺族が涙 アスベスト公務災害認定へ(産経新聞)
成田で欧州便運航再開、寝泊まり外国人安堵(読売新聞)
普天間で実務者協議、現行計画の修正案提示か(読売新聞)

<雑記帳>TAKAKOさんが北海道コスメ大使に(毎日新聞)

 北海道産の食材を原料にした化粧品をテレビや雑誌でPRしてもらおうと、道は20日、人気メーキャップアーティストのTAKAKOさんを「北海道コスメ・ビューティー大使」に任命した。

 地元メーカーの製品を「北海道コスメ」と総称し、道が昨年2月からブランド化を推進。ズワイガニから採取した成分を使った化粧水、昆布エキスを配合したせっけんなど、関連商品は100種類を超える。

 「食べて美味、使って美肌の自然素材。体の内と外から奇麗に」とTAKAKOさん。商品開発の助言もし、ご当地グルメならぬ“ご当地コスメ”の全国発信に笑顔で意欲を燃やす。【岸川弘明】

【関連ニュース】
消費者庁:不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令
咲丘恵美:ビューティーアドバイザーが開発した基礎化粧品「ハイブリッドコスメD.U.O.」
不当表示:米化粧品輸入販売の会社に措置命令
薬事法違反:無許可で化粧品製造 摩耶堂製薬に業務停止命令 /兵庫
貢献人たち:CSRの現場から 自然化粧品会社「スタイラ」 /東京

<児童買春>男児ポルノを摘発 専門サイト主宰の男逮捕(毎日新聞)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)
<参院選>タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
GWの成田利用者、前年比5%増=空港会社が推計(時事通信)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)

寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)

 17日の関東地方や東北地方は、最高気温が東京都心で平年より7・2度下回る11・5度となるなど、雪がほぼやんだ午後になっても、2〜3月並みの寒さとなった。

 気象庁によると、同日の最高気温は、東京のほか、盛岡でも平年より9・0度低い5・4度、福島でも平年より11・9度低い5・5度などとなった。

 気温は全国的に高気圧に覆われる18日から、徐々に平年並みへと回復するが、23日頃からは、再び西日本を中心に寒気が南下する恐れがある。同庁は、「雪に見舞われる可能性は低いが、季節外れの冷え込みで農作物の生育に影響が出る恐れがある」としている。都心や横浜市、宇都宮市などで17日午前に降った雪は、1969年に観測して以来、最も遅い降雪記録に並んでいる。

“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
100円ライター消える? 幼児事故多発…来月中にも安全基準強化(産経新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)

暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)

 NHK(東京都渋谷区)に今月10日、北九州市に本部を置く指定暴力団工藤会関係者を名乗る男から抗議の電話があったことがわかった。

 NHKは同日、警視庁代々木署に届け出た。

 同署幹部などによると、NHKが同日正午、西部ガス(福岡市)を狙った連続発砲事件で福岡県警が同会会長宅などを家宅捜索したと全国ニュースで報道したところ、東京の視聴者コールセンターに、「事実に反する報道だ。NHK幹部の住所は調べている」などと男の声で電話があったという。

 同庁で警戒を強めている。

10歳で漢検1級!…最年少タイ、小5・西村君(読売新聞)
<野口聡一飛行士>宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
将棋 羽生先勝 名人戦第1局(毎日新聞)
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
「中川一郎以来の間柄」=新党参加で義雄氏(時事通信)

寸借詐欺男、1年後に同じ店・同じ手口で御用(スポーツ報知)

 奈良県葛城市のパン店を訪れて、現金5000円をだまし取ったとして、奈良県警は3日までに住所不定、自称無職の高森茂宏容疑者(75)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

 高田署によると、同容疑者は昨年4月下旬の午後2時頃、同店を訪れて「お金を落とした。お金を貸してください。1週間以内に返します」と懇願。架空の名前、住所、電話番号を経営者の男性(47)に伝え、5000円を借りたがそのまま消息不明になっていた。

 味をしめた同容疑者は、1回目の犯行から約1年後にあたる今月2日の午後に同店を再訪。再び「お金を落とした」と同じ文句を口にしたため、経営者が「あの時の男だ」と容疑者の顔を思い出し、こっそり110番通報。駆けつけた署員は任意同行を求めて身柄を確保し、2日午後9時20分に詐欺の疑いで通常逮捕した。

 逮捕当時、容疑者はノーネクタイながらブレザーっぽいスーツに身を包んでおり「パッと見は普通のおじさん風」だったという。容疑者は容疑を否認しているが、同じ手口で同じ人物をだまそうとは、あまりにも虫がよすぎたようだ。

 【関連記事】
葛城市 パン店 奈良県警 を調べる

Panasonic NIGHT COLOR
<首相・閣僚会見>(3)「庁舎管理」で制限も(毎日新聞)
韓流ファン女性 韓国で行方不明 (産経新聞)
地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束(時事通信)
鳩山首相、連合会長に参院選協力を要請 連合とのトップ会談(産経新聞)

脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都(医療介護CBニュース)

 東京都の脳卒中医療連携協議会(座長=有賀徹昭和大学病院副院長)は3月24日、来年度に脳卒中地域連携パスの関係者らを集めたワーキンググループ(部会)を設置することを決めた。脳卒中地域連携パスごとに定めている症状の評価法などについて、より広い地域で活用できるよう標準化することを目的としている。

 ワーキンググループには、各パスの関係者のほか、脳卒中医療連携協議会の委員も参加する予定。同協議会や、各パスに参画する医療関係者が情報交換などを行う「パス合同会議」で出た意見を基に、共有する患者情報や症状の評価法などについて再検討し、標準化を目指す。来年度内には一定の結論を出す方針だという。

 現在、都内には、急性期医療機関と回復期医療機関、維持期医療機関が連携して脳卒中患者を治療する脳卒中地域連携パスが、10余り存在する。ただ、共有する患者情報の内容や回復度の評価法が、それぞれ異なっていることから、パスの枠を超えた連携が難しいなどの問題点が指摘されていた。

■搬送中に85%を「脳卒中の疑いあり」と判断―救急隊員

 同日の協議会では、都内の脳卒中急性期医療機関や2次救急医療機関、東京消防庁や稲城市消防本部、東久留米市消防本部の救急隊を対象に実施された「脳卒中救急搬送体制に係る調査結果」の速報値も発表された。それによると、今年2月22日午前8時半から3月1日午前8時半までの間に救急搬送された脳卒中患者は418人いたが、その85%に当たる357人は、搬送中に救急隊員が「脳卒中の疑いあり」と判断していた。

 また、発症時間が明確な231人のうち、後遺症や症状悪化を防ぐ目安とされる「発症から3時間未満」に119番通報していたのは169人。一方、1日以上経過してから通報した患者は11人。中には発症後、3日以上経過してから通報した例もあったという。


【関連記事】
脳卒中急性期病院の認定基準を決定―東京都
脳卒中連携搬送、受け入れネットワーク構築へ―東京都
脳卒中連携搬送に向け議論開始―東京都
脳卒中連携搬送、患者の行き場は?
都が脳卒中連携搬送、来年3月開始へ

阿久根市職労、市長通告で庁舎から一時退去へ(読売新聞)
<電話不通>東京の板橋区役所で12時間以上 機器の故障か(毎日新聞)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
大東で火災、焼け跡に1遺体(産経新聞)
セクハラ「気持ち悪かった」…裁判で女性警官証言(読売新聞)

数日前、「長官車ですか」=現場周辺で複数不審男−銃撃事前調査の疑い・警視庁(時事通信)

 「長官車ですか」。国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件で、警視庁南千住署捜査本部は徹底した聞き込み捜査をした。捜査結果概要では、事件前、長官宅周辺で下見をしたとみられる複数の不審な男が浮かび上がっている。
 国松長官は当時、東京都荒川区のマンション群「アクロシティ」のE棟に入居していた。
 概要や捜査関係者によると、1995年3月27日前後の午前8時10分ごろ、アクロシティ東側の路上に止めた黒塗りの高級車をのぞき込み、窓を開けた運転手に「長官車ですか」と聞いた私服姿の不審な男がいた。
 事件数日前の朝、別棟の6階か7階の外階段踊り場からE棟を双眼鏡でうかがう男や、中庭からE棟を見上げる男が目撃された。
 同月29日には、男が隅田川沿いの遊歩道から約1時間、E棟を観察。G棟の中に入ろうとした男や、現場の南東約350メートルで南千住署署長官舎をのぞき込もうとする男もいた。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官
「懸命な捜査、誠に残念」=銃撃事件時効で安藤警察庁長官

<雑記帳>メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)
「みんなが納得できる案へ」と防衛政務官=普天間、米国防次官補と会談(時事通信)
嫌がらせ書き込みが過去最多 前年比5割増(産経新聞)
21日夕にかけ暴風や高波、落雷のおそれ 気象庁(産経新聞)
<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
パチンコ攻略
カードでお金
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
レンタルサーバー 格安
審査 甘い キャッシング
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM